くらし

孤独な中年の老後~キャリアなし・友だちなし・子どもなし~

2020-02-10

身内との縁は薄く、子どもはおらず、友達付き合いもほとんどなし。働いている間は困らないかもしれないけど、あと少し先の老後は困ることになりそう。

  • 自分の死後どうなる?
    火葬、海洋散骨にしてほしいがどうすればいい?遺品整理、誰がやるんだ?
  • もし一人になった後どうする!?
    病気、貧困、孤独など・・・
  • もしも自分が認知症になったら!?
    誰にも気づかれない!?徘徊して道端で死亡とか?

心身ともに健康でいるのが理想。健康のためにも、できる限り働き続けたい。体は動くけれど、頭がボケてしまうのも困る。

加齢で起こる心身の変化

若いころ、アラフィフはとても立派な大人だと思っていました。

実際その年齢になり、中身はまだまだ未熟だ。

しかし劣化していることは、日々実感しています。加齢でどんなことが起こるのかというと・・・

老眼

仕事で渡される資料の文字が小さすぎると読めない。

気づけばメガネを頭に乗せて、資料を読んでいる自分がいる。若かったころの上司を思い出す。

コンタクトレンズをして、スマホの画面を見ると文字が読めない。なのでバイクでコンタクトレンズは無理だ。

白髪

生え際の白髪が増えた。

白髪になる周期が早くなった。

いっそのこと、全髪の毛が真っ白になれば綺麗なのに。

髪の毛の老化

コシがなく、くせ毛が増えた。

加齢でよくあることだと、美容院で聞いて妙に納得。

長い髪は似合うわけがない。

ショートカットは無理だと美容師に言われた。

結ぶしかない。

脳の働きが鈍くなる

新しい技術などがスッと頭に入ってこない。

仕事で若い子にイラっとされることに気付いています・・・悲しいが。

新しいことを覚えようとすると、頭痛がしてくる。

資格の勉強をしようとしても、最後までやりとげられなくなった。

スマホの扱いも苦手だ。

スマホ決済でモタモタし、レジの若い子や少し年下の女性にすらイラつかれる。

その他

  • 動悸や息切れ
  • 肌の劣化
    肌そのものの劣化や、ブルドッグ顔、ほうれい線など。
  • 体のたるみ
  • 実年齢より年上と思われることがよくある、老けてみえるらしい

脳の劣化については、30代後半のころに精神的に大ダメージを受けた後、一時期文字が読めなくなったことがありました。その他、簡単な手作業が困難になったりという症状や、それまで得意だった勉強が全く興味なくなったりしました。もしかしたら、脳にダメージがあったのではないかと思います。今はその当時より、脳の動きは良くはなったとは感じていますが、以前とは違います。

歯の健康は認知症予防になる!?

歯が痛いとか、何か症状があるわけではなかったのですが、歯科医院へ行くことにしました。

理由は、認知症について調べていたとき、

「口の中の健康と認知症は深いかかわりがある」

との情報を目にしたから。インターネットで「認知症 歯周病」や「認知症 歯科」などで検索すると、歯の健康と認知症について詳しい情報が出てきます。

歯科医院へ行って分かったことは、何カ所か虫歯があったことと、歯周病になっている所があったこと。

銀歯とセラミックはどっちがいいか

虫歯治療したうちの1カ所は、古いかぶせモノが銀でした。

銀は見た目が悪いだけでなく、虫歯治療してもまた虫歯になりやすいと説明がありました。そのほか、人によっては金属アレルギーとかもあり。

セラミックは、見た目が自然で、汚れが付きにくい。しかしデメリットもあり、保険がきかず高額。そして奥歯の場合は、力がはいりやすいため割れる可能性もあり。

セラミック以外の選択肢は、ハイブリッドセラミックで、セラミックにレンジを混ぜたもの。メリットはセラミックより安い。デメリットはセラミックより割れやすい。

料金の違い

  • 銀:千円台
  • セラミック:5.5万円
  • ハイブリッドセラミック:3万円台

選んだのはセラミック

高いな、と思ったけれどまた虫歯になり削るのは嫌だし。ハイブリッドセラミックにして割れるのも嫌だったし。

虫歯・セラミックの料金

保険がきかないので高い。

虫歯・セラミック

これがきっかけで、仕事行くのが嫌だな~と思っても働く気になれる。

更年期障害かもと思ったら調べて安心

気になって、何だろう~とモヤモヤするくらいなら、検査してみた方が安心。

女性の場合は、45歳~55歳に閉経する人が多いと言われています。その時期に起こるのが、更年期障害です。人によっては全く何にも症状がでなかったりもします。

女性ホルモンの低下による病気が怖い

私の場合は、頭痛や動悸、イライラ、不眠などの症状がありました。

年齢的には、女性ホルモンがガックリと減っているんだろうというのはわかります。女性ホルモンが減ると、骨粗しょう症や認知症、自律神経失調症になったりすることがあるそうなので、そちらが心配で病院へ行きました。骨が丈夫だと思っていたのに、去年骨折したのも不安のひとつでした。

結果は、今すぐ何か治療が必要な状況ではありませんでした。血液検査の結果は、閉経に向かっている数値だ、ってことでした。

血液検査の結果・更年期障害

数値についての説明はいろいろしてもらったのに、忘れてしまいました。

病院で聞いた治療法

更年期障害で、ホットフラッシュなどの症状がある場合は、ホルモン治療をする。

私の場合のような頭痛や動悸、イライラ、不眠は漢方薬治療です。実際に薬を処方されました。すっかり飲み忘れています。

LDLの数値が高い

40歳くらいから徐々に高くなり始めたのが、LDL(悪玉コレステロール)の値です。女性の場合は、閉経しそうな年齢から高くなる傾向があるとか。今回も高かったのですが、大問題でもなし。「数値を下げたいなら、薬を飲めばすぐに下がるけどまだ必要なし」、と医者から言われました。

血液検査・コレステロール

結局のところ、食事を気を付けて運動しろってことだと思う。

男の更年期障害

男性にも更年期障害があるって言われていますが、身近にもそうかなって思う人がいたりします。

いろんな職場で働いてきて思うのは、ウツになりやすいのは50代前後の男性。ウツが原因で仕事を長期休暇する人を何人もみてきました。ウツが原因(多分)で自ら命を終了した同僚や、身内もいました。

男性の場合は、悩みがあっても周りの人に話することなく一人で抱え込んでしまう人が多いのかも。そしてウツになってしまうのかな。女性の無駄話に思えるおしゃべりって必要なんだろう。私はというと、あまり人と交流していないので、仕事を辞めた後は孤独になってウツになってしまう!?なんてことになる可能性もあるかも。

続く・・・

-くらし

© 2020 PataCo