くらし

社会保険から国保に切り替えた後の請求額が間違えてるかと思った

3月末で仕事を辞めたため、4月1日付けで社会保険(健康保険)から国民健康保険に切り替えました。

新しい仕事は5月からの勤務開始になったため、4月の1か月分を国保として納付することになりました。

久しぶりの国保

社保から国保に切り替え、1か月以内に国保から社保に切り替えた場合、社保での納付です。

直近5年の派遣の仕事では、辞めた後に1か月以内に新しい仕事を始めていたので、国保の納付をしたことがありませんでした。

国保での納付をしたのは10数年前だったような記憶があります。

納付額は覚えていませんが、それほど高くなかったはず。

納付書の金額に驚いた

国保は高い。

国保の納付書についイラっとしてしまった

届いた国保の納付額は、2.5万円弱。

高い!

何かの間違えでは?

ついイライラしてしまい、問い合わせをしてしまいました。

間違えではなく、1か月加入していた分でした。

脳の老化を感じる

高齢者がキレる・・・

高齢者になると脳が衰え、感情のコントロールが出来なくなるらしいのですが、これって自分もそうじゃないか!?と感じます。

まずいな、脳を若く保つ何かをしなくては。

カスタマーサポートや役所関係の問い合わせ対応って絶対大変だと思います。

年収別納付額

ネットで「国保 年収別」のキーワードで検索すると、わかりやすくまとめているサイトがみつかります。

40歳以上の納付額

  • 年収200万円:1.5万円
  • 年収300万円:約2.2万円
  • 年収400万円:約2.9万円

国保・社保・配偶者の扶養

去年派遣で働いていた給与明細を確認すると、健康保険(介護保険含み)は1.5万円くらいでした。

社保は事業者負担があるため安い。

そのことをつい忘れてしまっていて、請求額の間違いかと疑ってしまいました。

仕事を辞めた後しばらく仕事をしない場合、国保の支払いはきついよな、と思いました。その他に年金の納付もあるし。

まだ配偶者の扶養に入った経験はありませんが、この選択が一番いいのかもしれません。

近い将来どうなるかはわからないので、とりあえずは仕事を辞める前に国保と年金分の支払い1年分くらいは給与から別に残しておきたい。

-くらし

© 2021 おばさんの倉庫