くらし

リクルートカード(JCB)の解約はウェブで簡単にできる

2020-08-27

リクルートカードの解約をしました。

今までのクレジットカードの中で一番簡単に解約できました。

ウェブから解約手続き

(1)MyJCBにログインします。

(2)お客様情報の照会・変更をクリックします。

→ メニューの一覧が表示されます。

(3)お客様情報の照会・変更の一番下の「一覧」をクリックします。

(3)「JCBカードの退会に関するご案内」をくりっくします。

→ JCBカードのメリットが紹介されます。退会を引き止めるための案内か!?

(4) 画面を一番下までスクロールし、「次へ」をクリックします。「次へ」がグレーだとクリックできないのかと思ってしまう。押させない作戦か!?

→ 「退会の手続きの前に、ご確認ください」と表示されます。また退会を引き止めるための案内か!?

(5)画面の一番下までスクロールし、「次へ」をクリックします。

→ 「今一度、退会手続きの前に、ご確認ください」の画面が表示されます。お得なキャンペーン等の案内がいろいろと書かれています。また退会を引き止めるための案内か!?

(6)画面の一番下までスクロールし、「次へ」をクリックします。

→ 「カードの退会手続き」の画面が表示されます。

(7)該当のクレジットカードにチェックを入れます。

(8)いくつかの質問があるので答えます。

(9)「確認画面へ」をクリックします。

(10)「退会する」をクリックします。

以上で手続きは終わりです。登録しているメールアドレスに退会完了のメールが届きます。再度MyJCBにログインすると、リクルートカードの情報はみれなくなっています。

(11)不正使用防止のため、クレジットカードを裁断します。ICチップも裁断します。

リクルートカードのメリット

使っていたリクルートカードはJCBでした。

  • 年会費無料
  • ポイント還元率は1.2%
  • 貯まったポイントは、ポンパレモールやHOTPEPPER Beautyで利用したり、pontaポイントに交換しローソンで利用できる。
  • MyJCBにログインする際に、本人様確認のためのワンタイムパスワードがある。
  • 利用限度額の減額をウェブで手続きできる。

リクルートカードは税金の支払い用でnanacoチャージ用に使っていました。※現在はリクルートカードでnanacoチャージの新規登録はできなくなりました。

クレジットカードは使っていなくても、不正利用されたりすることもあるので、マメに利用明細を確認したりクレジットカード自体を管理したりする手間がかかります。nanacoだけのために、クレジットカードの管理するのはストレスなので解約することにしました。

-くらし

© 2020 PataCo