仕事

日商簿記2級や3級は転職や派遣の仕事で役立つ

2017-03-01

日商簿記2級は、転職や派遣で仕事をするときに役立ちました。

また、家計簿をつけるときにも役立ちます。

簿記の資格を活かす場合は若いうちに取得して、実務経験を積んでおくのがおすすめ。

簿記試験の種類っていろいろある

簿記の試験はいくつか団体があり、日商簿記が知られてます。

簿記試験の種類

  • 日商簿記
    主催者:日本商工会議所、経理の求人で3級でもOKなんてのもあり。
  • 全経簿記
    主催者:公益社団法人全国経理教育協会、日商と比べると難易度低め。
  • 全商簿記
    主催者:公益財団法人全国商業高等学校協会、商業高校だと在学中に受験するらしい。
  • 建設業経理士検
    主催者:一般財団法人建設業振興基金

その他、電子会計実務や弥生検定パソコン経理事務という試験もあり。

おすすめは2級

経理前の事務作業等の仕事では、簿記の資格がなくても働いている人は多かったです。

仕事によっては3級でも募集があります。

おすすめは日商簿記2級です。

簿記が全く分からないのなら、独学だと2級どころか3級でも挫折する可能性が高いです。スクールやeラーニングを利用する方が習得しやすいです。

私の場合は20代の頃に独学で3級を勉強したのですが、すぐ挫折しました。その後、通信制大学に入り科目で簿記があり、4単位科目だったため諦めきれずにいました。スクーリングもあると知り、受講してみたらとても分かりやすい講義で、すっかり簿記の楽しさにはまりました。

教える人によって、簿記を習得できるかが決まるものなんだな、という経験でした。

受験したのは、日商簿記3級と2級、全経簿記3級と2級と1級です。

仕事で簿記の資格をどうやって活かすか

簿記を活かす仕事は経理だけではありません。

未経験者は経理の転職は難しい

経理は経験がないとなかなか雇ってもらえません。特に派遣ではかなり厳しいです。40代すぎてからは、未経験者を雇ってくれる会社ってそうそうないはずです。

簿記2級合格者で実務未経験者と資格なしの実務経験者なら、後者の方が採用されやすいです。

みんなはじめは未経験。

雇ってくれないのにどうやったら経験者になれるのだ!?と疑問に思ったものです。

就いたことのある仕事

経理の仕事でなくても簿記の知識が必要な仕事はあります。

私が実際に就いたことのある仕事。

  • システム関係の仕事。
    会計システムの開発に携わったりするには簿記の資格があると有利です。
  • 部署は経理だけど、データ調査メインの仕事。

その他、仕事で簿記知識が必要になる場面は意外と多いです。

簿記の資格は何が良いか

  • パートや派遣でアピールするなら日商簿記3級
  • 派遣の経理や正社員の転職なら日商簿記2級

仕事での活用以外では、家計簿を複式簿記でつけるのにも役立ちます。

初めての簿記なら日商簿記初級から

追記

日商簿記初級は、日本商工会議所主催の試験で2017年4月から新設されたました。

レベルは簿記の基本がわかる初学者向け。

受験してみました

ネット試験で受験料は2,160円、試験時間は40分なので気軽に受験できます。ネット試験と言っても自宅で受けれるわけではなく、会場へ行っての受験です。私は受験前日の夜に予約して翌日に受けてきました。

前職の平日は勤務先の最寄り駅に朝6時半には着き、仕事の前の空き時間がもったいないので簿記の本を見ることにしました。

受験したことのない「日商簿記初級」の本を購入。

受験に使った本は「スッキリわかる日商簿記初級、TAC出版、1,000円」です。

集中力が何とか持つのは30分~1時間程度。1週間くらい勉強というより、みていました。

スッキリわかる日商簿記初級の模擬試験はおすすめ

本の最後に袋とじになっているページがあります。

開くと中に模擬試験のプログラムをダウンロードする方法が書いてあり、これが使えます。実際の受験とそっくりな画面です。試験内容は本の問題編をランダムに出題しています。私がこの模擬試験を利用したのは3時間くらいでした。

日商簿記初級の試験結果

仕事上100点取んなきゃマズイという内容で、結果はイマイチでした。

出題内容と配点

  • 第1問:簿記の基礎で文章の穴埋め10問(30点)
  • 第2問:仕訳問題10問(40点)
  • 第3問:試算表を完成&それに関する問題5問(30点)

合計100点満点で70点以上が合格。

第1問と第3問は購入した本に載っていなかった問題がでて焦りました。

合格証は1か月ちょっと後に郵送で届きました。

免許証サイズのカード。

受験してみた感想

日商簿記初級は疲れた脳に良いトレーニングとなりました。この試験に限らず言えることですが、ただ勉強だけで終わらすより試験を受けた方が自分の弱いところを発見できます。受験経験があっても、時間が経てば忘れてしまうものです。実務で簿記知識を使っていたとしても忘れます。

-仕事

© 2021 おばさんの倉庫