仕事

派遣で就業期間中の仕事探し・派遣は早すぎると仕事が決まりにくい

2019-02-01

派遣で就業期間中に次の派遣先を探す場合、早すぎると仕事がありません。

派遣の求人を見ると気づくはずですが、即日~という求人がほとんどです。

契約終了2か月前からの仕事探し

まずはじめに、雇用形態の話から。

派遣には、登録型派遣と常用型派遣があります。私は前者の登録型派遣です。派遣会社に登録して、派遣先と雇用契約を結んで働いています。派遣期間が終了すれば、雇用契約も終了します。後者の常用型派遣は派遣会社の社員として常用雇用し、派遣先で働きます。

今の仕事は長期の仕事ですが、契約更新をせずに終了することにしました。

理由は「もっと心に余裕をもてる仕事、人との温かいコミュニケーションがある職場」が良いから。

今回もまた派遣で探していますが、まだ探す時期が早すぎだなと感じています。今まではというと、就業開始可能日の2週間前くらいから探してました。

仕事の優先順位

  1. 勤務地が自宅から近い。
    徒歩か自転車通勤可能な勤務地が理想。それが無理なら同じ沿線で、逆方向通勤。
  2. 職場環境が良い、特に人。
    これは実際働かないとわからない。
  3. 仕事内容は難し過ぎない。

登録している派遣会社

派遣会社の登録も増やしました。

  • 大手:5社
  • 小規模:5社

ウェブ登録で完了する派遣会社が増えているなと感じます。ウェブ登録+電話での面談の派遣会社もあります。

登録しようとしたけれど、見送った派遣会社がありました。ウェブ登録で、個人情報や職歴等の入力が終わり一番最後に「動画での自己アピール」ってのがありました。寝る前の姿での動画は無理だし、そもそも何にも考えていないのにいきなりしゃべれません。一時保存って機能はなかったため、それまで入力した時間は無駄になりました。

エントリーと結果

就業までの流れ

  1. 応募(エントリー)
  2. 社内選考
  3. 職場見学という名の面接
  4. 仕事決定&雇用契約
  5. 就業

現在働いている派遣先に決まるまでにエントリーした案件は10件くらいでした。完全にマッチしていなくてもエントリーします。なぜなら社内選考まで進むことなんて稀なので。派遣会社の求人検索以外では、「エン派遣」や「はたらこねっと」等利用してます。

社内選考まで進んだ案件は3件で、2件は「今回は残念ながらだめでした」とメールで回答がありました。

仕事を変えるペース

派遣で働きはじめて3年。今の仕事は3カ所目です。

現在の派遣法では、最高3年まで同じ職場で働けますが、私は1年に1度のペースで仕事を変えています。

なぜかは、同じ場所にずっと住んでいられる環境ではないから。そして短期の方が仕事が決まりやすいから。もう一つ本音をいうと責任が重すぎる仕事はもう嫌だ!いままでたくさん働いてきたので、精神的余裕のもてる仕事が良い。

参考

同じ事業所で3年を超えて働くことは、基本的にできません。一定の手続を経れば、3年を超えて働くことはできますが、異なる「課」などへ異動することが必要です。一定の手続を経れば、3年を超えて働くことはできますが、異なる「課」などへ異動することが必要です。

厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp)より引用

厚生労働省のサイト内で「平成27年労働者派遣法の改正について」と検索すると、「派遣で働く皆様へ」というPDFファイルがあります。

-仕事

© 2020 PataCo