仕事

働かなくてもお金に余裕があったら、それでも働く?

人生の半分はとっくに過ぎています。

仕事中に亡くなる70代~80代のニュースが流れていることがあるが、その年代になっても働き続けなくてはいけない。

それは自分も同じなんだろう。

少し前に、職場の人と「働かなくても問題ないくらい十分なお金があったらどうする?」という話になりました。

現在の働き方

往復の通勤に3時間以上かかると、できる限り高時給の仕事を探してしまいます。時給が高い分、気が楽な仕事ではありません。

家と職場の往復をする毎日で、帰宅後は家事があり、自分に使える時間がほとんどなし。

東京に住んでいた頃より時間の余裕がありません。

ふと、なんでこんなに働いているのだろうか、と思うことがあります。

今は仕事を辞めて有給休暇消化しているので、このようにブログを更新してますが、また働き出したら更新はストップするでしょう。

いつまでがんばるんだろう

今回の仕事を辞めたいくつかの理由のひとつに、

このままでは次の職場で使い物にならない人になりそう

ということもありました。

もし楽な仕事を選べるなら、こんなことを気にしなくて良いのになと思います。

ちなみに、なぜ「使い物にならない人」になりそうなのかと思ったのか。

  • 電話対応できなくなりそう
    職場の電話は総務にはあるけれど、それ以外は携帯電話(社員)なので電話対応なし。
  • メール対応できなくなりそう
    派遣社員はメールアドレスなし。
  • コミュ障が悪化しそう
    基本的に挨拶しない人が多く、目を合わせない人も多い。雑談もなし。
  • 手が空いても何もしない人になりそう
    暇なときは何していても何も言われない職場。仕事と関係ないことしていても放置。

お金は関係ないなら

お金があるなら、働かないという選択はないです。

知らない土地に住んでいて、今後もまだ知らない土地へ引っ越するでしょう。

子どもがいないとうこともあり、働かないと誰とも話をしない毎日になってしまいます。

では何したい?と自分に問うとすぐ回答できるのはこれだけ。

  • 週2~3日、1日4~5時間勤務
  • 勤務地は家の近く

仕事内容は?

これが出てきません。若いころ、少なくとも30代後半まではやりたいと思うことがありましたが、それ以降本当にやりたいことってよくわかりません。

自分は何がしたいのかを知りたい。

-仕事

© 2022 おばさんの倉庫