仕事

予定外の派遣会社からの電話がきっかけで仕事の紹介

2022-02-25

現在、登録している派遣会社で、求人チェックをしているのは9社です。

9社のうち、実際に利用したことのある派遣会社は3社です。

同じ派遣会社の方が融通が利きそうだし、1か月以内に勤務開始になれば有給休暇もそのまま次の派遣先でも使えて良い。

いろんな派遣会社の案件にエントリー

派遣会社の営業担当は、頼めば動いてくれる人で、特に何も問題はないです。

ならそのまま次の仕事を紹介してもらえばよいのでしょうが、同じ派遣会社にこだわっていると良い仕事を見逃すかもしれない。

派遣会社A・職場見学まで進むけれど

今の派遣先を辞めたいと思っていたときに、ちょうど良いタイミングで仕事の紹介電話がありました。

今の住まいに引っ越してから、職場見学まで進んだのは3回目ですが、その後うまくいきません。

  • 1回目:職場見学に行ったが、想像より遠くて通える気がしなかった。交通費は一部自分で払うことになる。
  • 2回目:職場見学の直前に、派遣先である場所で問題があり辞退
  • 3回目:職場見学へ行ったら、聞いていた仕事内容とかなり違った。

3回目は去年の年末の出来事でした。

派遣会社B・話をよく聞いてくれるけれど

今回、仕事を辞める!と決めてからいろんな案件にエントリーしていました。そのうちの1社です。

着信があったので折り返したら、去年電話で話したことのある営業さんでした。

その営業さんは仕事以外の話の方が多く、何度か話をしたことがありました。引っ越してきたばかりの頃、話相手がいなく仕事探しに関係なく精神面で助けられました。

その日もやはり長電話で、仕事の話は進まないのだろうと思っていました。

エントリーした仕事ではない仕事紹介

B社から後日、仕事の紹介メールがありました。

去年、面談にすらすすまなかったので今回もお情けでメールしてくれたのだろう、と思っていました。

仕事内容は私の希望にほぼ近く、時給は高め。

ただし、フルタイム。

今の地域もいずれ引っ越すことになるので、ゆるく働き、ひとり観光しようと計画していたので悩みました。

自分がいつまで生きるのかはわかりませんが、平均寿命までいきるならまだ先はあります。

お金の運用は全く才能がなく、ただ銀行に入金しているだけ。その金額はというと、安心して暮らしていける余裕など全くありません。配偶者がいれば安心だ、という人がいますがそれはどうなるかわかりません。

となると、働けるだけ働く必要があります。

ゆっくりしたかったけれど、せっかくの機会なのでもうちょっとだけ頑張って働いてみようかなと思います。

とりあえず、紹介の仕事はすすめてもらうことにしました。

-仕事

© 2022 おばさんの倉庫